せきやの毒沼にはまって残りHP1

このブログはゲーム日記を中心にした趣味ブログです(#`∨`#)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひぐらしのなく頃に祭プレイ日記4

さ~て前回のひぐらしプレイ日記から随分時間がたってしまいましたが(ずっと再開するタイミングを逃していたとゆう)ずっとその先が気になっていたので再開しました!現在、憑落とし編、罪滅ぼし編、皆殺し編をクリアしました…その感想をネタバレをあまりしないでしていきたいと思います


まずは憑落とし。運命に立ち向かう三人の姿が凄いよかったですね。三人が立ち上がり、緻密な計画を立ていざ計画を実行!(ここが一番盛り上がり面白かった)でも疑心暗鬼が生まれ状況はどんどん可笑しな方向へ向かっていきます。結末に向かうに連れて、?の数が多くなり、??から最後には???で終わるとゆう…最後のレナの語りが鬼隠し編を彷彿とさせました。


そんな状態から罪滅ぼし編へと切り替わった訳ですが、罪滅ぼし編は良かった!レナが“その場の状況、環境”によりどんどん暴走していく中、圭一が“ありえない奇跡”を起こす事により、状況は大きく変わってきます。罪滅ぼし編はその名の通り、個々が己の罪に気付き、または犯してしまったときにどのようにしてその運命を乗り越えるか…罪滅ぼしをするのかがテーマになっていました。予測のつかない展開、演出の盛り上げ方は相変わらず素晴らしいです。最後の方でレナが言った一言は凄かった…。とても感動しました。結末も良かったです。


徐々に明かされていく“ひぐらしのなく頃に”の物語の真相。それが動きだしたのが罪滅ぼし編。そしてさらに真相に深く踏み込んでいくのが皆殺し編です。始まりから今までとは違い、梨花ちゃんがメインになっています。今までのずっと引っ掛かっていた謎、疑問が紐解いていきます。梨花ちゃんの存在、雛美沢連続殺人事件の真相、鬼隠しの真相、他の1~7章との繋がり、そして黒幕、物語の犯人…。息をもつかせぬ展開、そして驚愕の結末。

凄いです。本当に凄い。竜騎士07さんは本当に凄いと思います。こんなシナリオは誰も思い付きませんよ(笑)

さて…遂に物語は最終章、澪尽くし編です。梨花ちゃんの思いは届くのか?全ての決着が次で決まります。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 11:31:58|
  2. ひぐらしのなく頃に
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。