せきやの毒沼にはまって残りHP1

このブログはゲーム日記を中心にした趣味ブログです(#`∨`#)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベルセルク 千年帝国の鷹篇 喪失花の章 総合43点



機種:DC(ドリームキャスト)
ジャンル:アクション



ストーリー………  6点
グラフィック……  3点
音楽………………  5点
操作性……………  3点
演出の上手さ……  6点
ゲームバランス…  3点
夢中度……………  5点
やり込み度………  3点
満足度……………  5点
オススメ度………  4点

総合……………… 43点



★良かった点

○原作者の三浦健太郎が製作に関わっているだけあって雰囲気やキャラクターはベルセルクらしさがよく出ているところ。
○ストーリーはゲーム用に書き下ろしたオリジナルストーリーで、マンドラゴラ憑き"などベルセルク独特の奇妙で恐怖感のある感じが良く再現されていた。
○原作同様、ドラゴン殺し(大剣)を振り回して敵をなぎ倒していく爽快感。
○ストーリー、ムービーパートのテンポの良さ。見ていて飽きない。



★悪かった点

○ストーリーが短すぎる
○グラフィックの粗さ。DCでのポリゴン数が少なかったのか、原作のキャラクタに似せきれていない(ガッツとパック意外がちょっと違和感)
○キャラクターの動きの不自然さ(カクカクしていた)や走り方も違和感有り。
○操作性は敵を空振りしやすい、敵から攻撃されたときダウンしやすい、のけ反り時間が長いなど。もっともストレスを感じたのが大剣を振り回したときに壁や柱があると弾くモーションに切り替わるため(大剣がすり抜けずに当たり判定が発生する)攻撃しようとして弾く→敵に当たらない→攻撃される→繰り返し…のパターンが良く発生して何度かイライラしました



★このゲームをクリアしての感想

原作の特徴でもある暗めで落ち着いた世界観、キャラクター、人の身長位の大きさの大剣を振り回して敵をなぎ倒す爽快感は見事に再現されています。それだけに気になってしまう部分(主に操作性、ゲームシステム面、グラフィック、モーション担当のスキル不足)が多かったのでそこを改良すればかなりの良ゲーになれたのでは?と思ってしまいました。面白かったですがちょっと残念なゲームでした
スポンサーサイト
  1. 2010/06/28(月) 23:28:03|
  2. レビュー 総合31~50点
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。